郵便ポストの鍵

郵便ポストの鍵

郵便ポストにはチラシだけでなく、重要な書類や購入した商品など様々な物が届きます。
家の防犯対策は行っていたとしても、絶対に安全ではないのが郵便ポストです。
郵便ポストから郵便物ははみ出していませんか?
今一度郵便ポストの鍵の防犯性について、考えてみましょう。
鍵以外にもできる防犯対策についても知っておくと参考になりますよ。

郵便ポストは狙われています

家の空き巣は財産を盗んでいきますが、郵便ポストからは個人情報を盗んでいきます。
盗んでいった後も不正に情報を利用されるので、どちらかというと郵便ポストの空き巣の方が、たちが悪いと言えるでしょう。
また盗む目的以外にも、嫌がらせ行為をして人が困るのを楽しむ人も残念ながらいるのです。
郵便ポストも家の一部だと考えて、防犯意識を高めましょう。
郵便ポストでの狙われ方を見てみましょう。

マンションの郵便ポストは狙いやすい

マンションの郵便ポストは家から離れた場所にあり、横のつながりも希薄なことから狙われやすい面があります。
オートロックのマンションであっても、メールボックスは外に面した部分に設置されています。
でないと、郵便屋さんが郵便を投函することができないからです。
それに一挙にたくさんの住民のポストを狙えるので、犯人にとっては好都合ですね。
共有スペースにあるので、ひとりひとりの防犯意識が低くなり中にはあるのに鍵をかけていない人もいるでしょう。
メール室は薄暗く、死角になりやすい構造のマンションも多いため、狙われやすいと言えます。
ただ戸建てだからと安心してはいけません。
戸建てのポストは壁についていない、庭や門と家の扉の間に独立したポストが置いてあるだけという家もあります。
オシャレなものもあり見た目を考えると良いですが、家の玄関から離れていると住民に気づかれにくい難点もあります。
門扉の中の方にあるからと、安心感から鍵をかけない人もいるので注意してください。

郵便から個人情報を抜き出す

郵便物には様々な個人情報が書かれています。

  • 電話番号
  • 住所
  • 名前
  • 公共料金の料金
  • クレジットの明細

これらの書類は、個人的に人に知られたくないような情報がたくさん入っていますよね。
家族構成やローンの残高、銀行の口座番号なども知られてしまう恐れがあります。
また子どもの通っている小学校や中学校、今通っている塾や習い事なども知られる可能性だってあります。
オレオレ詐欺や役所を装った騙しなどの犯罪が増えているため、このような個人情報はしっかりと守らなければならない時代ですね。

郵便ポストに鍵を入れていませんか?

鍵を郵便ポストに入れて、子供や他の家族と共有していませんか?
かなり危険なので、郵便ポストに鍵を入れるのはやめておきましょう。
郵便ポストは郵便を入れるための穴が開いています。
その穴は細いピンセットなどを使えば、誰でも簡単につまんで取ることができます。
ポストに入った鍵を盗まれれば、マンションでもどこの号室かすぐにばれてしまうので非常に危険です。
また鍵を盗むことができなくても、鍵番号を見られたら複製して合鍵を作られる可能性もあります。
合鍵はネットなどですぐに作ることができるため、鍵の放置は非常に危険なのです。

留守かどうかの確認をする

空き巣犯はその家の生活スタイルをチェックしている人間もいます。
空き巣は犯行前に下見にくると言いますが、カーテンの空き具合や郵便ポストがたまっているかどうかで在宅か不在かをチェックしているのです。
郵便ポストに郵便物をためていると、留守がちだと思われて空き巣に入られる可能性も高まります。
また郵便物を溜めがちだと、郵便物自体も多く盗まれていきます。
郵便屋さんがポストに入れにくく、郵便物がはみ出してしまうので、簡単に盗っていかれやすくなるのも理由のひとつでしょう。

商品が盗まれる

最近は通販で何でも買える時代です。
特に小さな雑貨類や、洋服などはメール便や厚みのある箱型のメール便を選択する利用者も多いです。
何故なら宅配便でお願いするよりも、メール便は配達料が安いからです。
また中古品販売アプリなどが今大変人気ですよね。
そのため通販会社や宅配会社も、郵便ポストに入れられるような箱を作るようになりました。
特に届く日を指定しなくても良いような急ぎでないものは、メール便で頼む人も多いのではないでしょうか?
今は郵便ポストに届く、通販の商品を狙った犯罪が非常に増えています。
フリマアプリやオークションを普通に素人が行うため、転売目的で盗む人がいるからです。

  • CD・DVD
  • 本類
  • チケット
  • アクセサリー

ひとつの値段はそんなに高くなくても、新品の物は売れやすいですし何軒も行えば結構なお金になります。
実際に何百件も犯行を行っていた人が逮捕されたケースもあります。
お店側や宅配便業者の配達ミスなのかと思ってしまうので、盗まれていると気づくまでのタイムラグもあるのが難点でしょう。

郵便ポストに防犯性の高い鍵を付けよう

郵便ポストに鍵をかけていない人は案外多いです。
またマンションの郵便ポストはダイヤル式の暗証番号が設置されているものも多いのですが、面倒だからとダイヤルをあわせたままにしている人もいます。
その場合暗証番号の番号を知られている可能性があるので、盗られたことに気づいてから施錠しても、もう遅いということもあります。
そのため、マンションのポストは必ず鍵をかけておきましょう。
また戸建ての方も郵便ポストに防犯性の高い鍵を付けることをおすすめします。

南京錠が便利

最近南京錠は様々な防犯性に優れたものが売られています。

  • スマートロック
  • 指紋認証
  • 暗証番号

南京錠と言えば、鍵を使って開けるアナログ式を思い浮かべる人も多いですが、最近人気なのはデジタルロックの南京錠です。
スマートロックといってスマホのアプリで開錠ができるタイプや、指紋認証で開錠できるタイプがあります。
暗証番号やダイヤルで開錠できる南京錠も良いですが、スマートロックや指紋認証はその人でしか開けられないため、防犯性に優れています。
スマートロックの南京錠の仕組みは、通常の電気錠のスマートロックと同様に、Bluetooth機能でつながっています。
そのため鍵がいらないので、非常に使いやすいのが特徴です。
また管理者によって共有相手を登録できるタイプもあるので、ママが管理者となってパパに開けてもらうといったことも可能です。
鍵自体がないため、受け渡しはURLでメールにて行われる仕組みになっています。
郵便ポストが外の場合、雨風に強い防水タイプを選ぶと良いでしょう。
また指紋認証式は、スマホのメールによる鍵の権限の受け渡しがなく手間がかかりません。
複数の指を登録できるので、指を置くだけでスムーズに開錠できます。
充電式なタイプの場合は、充電をする必要はありますが大変便利で防犯性に優れています。
デジタルロックの南京錠は、人気なので以下のような鍵にも使用されています。

  • 自転車
  • 旅行カバン
  • 会社やジムのロッカー
  • 立ち入り禁止の敷地内のドア

サイズは小さいものから大きいタイプまであるので、郵便ポストは最小のタイプが使いやすいでしょう。

ダイヤル錠は定期的な変更をしよう

ダイヤル錠の南京錠を使う場合は、何度でも暗証番号の設定を変えられるものを選ぶと良いでしょう。
家族に伝えるのは大変ですが、定期的に暗証番号を変えることで防犯性をあげる方法があります。
特に面倒くさくなってくると、最後の数字だけを変えて鍵を施錠するケースがあるので、そこをつかれる可能性があります。
1カ月か2か月に1度程度であれば、そんなに手間はかかりませんので、可変性のあるダイヤル錠を使いましょう。

防犯性を高めるグッズを利用するのがおすすめ

郵便ポストの中の物を盗られていかないようにするために、色々なグッズが売られています。
マンション、戸建てでそれぞれ対策法は変わってきますができる防犯対策を行いましょう。

目隠しシートやポストガード

郵便ポストの郵便差込口に取り付けられるシートやカバーをつけるだけでも、この家は防犯意識が高いと犯人に知らしめることができます。
実際にそれも破壊されてしまえば盗られますが、わざわざついているところを狙わなくなり、抑止力になるでしょう。
郵便ポストのイタズラは、物を盗っていくだけでなく変な物を入れられることもあります。
このようなシートや差込口ガードがついていれば、犯人ものぞいたりできなくなります。

ポストを防犯性の高い物に変える

集合住宅ではポストを勝手に変えることはできませんが、持ち家なら可能です。
最近はメール便を利用する人が多いので、大容量の郵便ポストが人気です。
中には郵便受けに入らないからと、ポストの前に箱を立てかけて帰る宅配業者もいます。
大きめのポストなら郵便物がはみ出す心配もないですし前において帰ることもなく、防犯性もあるでしょう。
また大手通販サイトや郵便会社が発明した、外からは入れられるけど中からは取り出せないガードがついた郵便ポストも売られています。
投函口が大きく、パカパカと開けられるタイプは防犯性としてはあまり良くありません。
誰でも簡単にポストが開けられるようなポストを使っている人は、防犯性の高い物に変えることをおすすめします。

戸建ては壁に埋め込み式が便利

戸建ての方は郵便ポストを設置型にするのではなく、家の壁に埋め込むことをおすすめします。
庭に置いたり、外塀側にポストを置くのは郵便屋さんにとっては楽かもしれませんが、防犯対策としては甘いです。
埋め込み式とは、壁に埋まっているポストのことです。
直接家の中に郵便が届くので、寒い冬などにわざわざ門を開けてポストを見に行かなくて済むメリットもありますよ。
さらに台風や雨風で郵便物や荷物が塗れる心配もありません。
またポストが門扉の中のドア付近にあれば、人の目があるので犯人は近づくことをしません。
ドアに付けるタイプもありますが、サムターン回しをされるおそれがあるので、できればドアからある程度距離のある壁に設置したほうが良いでしょう。
設置型の郵便ポストよりもスタイリッシュで場所を取らず、イタズラもされにくいのでおすすめです。
安いものであれば1万円を切る物もあるので、設置を検討しても良いでしょう。

防犯カメラを設置する

マンションの郵便ポストやエントランスは、防犯カメラを設置してくれているところもあります。
管理組合などに不審な人がいれば、相談するとチェックしてくれるでしょう。
またドア側についている郵便受けに直接郵便を入れるようになっているアパートなどは、ドアスコープに取り付ける防犯カメラが売られています。
戸建ての方も、外側に郵便ポストがある人は近くに防犯カメラを設置すると良いでしょう。

防犯ステッカーを貼る

郵便ポストに防犯ステッカーを貼るのも、犯人への抑止力が高まります。
監視カメラ作動中、盗難見つけ次第警察に行きます、などのインパクトのある文言のステッカーを貼っておけば、わざわざそこを狙う可能性は低くなるでしょう。
ステッカー自体には物理的に盗んでいくことを阻止する力はありませんが、犯罪を行う前の段階で食い止められることはあります。

他にもまだあるポストの防犯対策の色々

既に備え付けのダイヤル式の暗証番号を知られている場合、対策しようがないケースもあります。
他にも南京錠や鍵を引っかける部分がない郵便ポストの場合は、別の角度から見た防犯対策を考えなければなりません。
また鍵を付けている人でも、普段からポストの防犯対策や盗られないような習慣を身につけると良いでしょう。

局留めにする

自宅宛の郵便を郵便局留めにしてもらえるサービスがあります。
宅配便もコンビニや営業所止めにして、そこで受け取りが可能です。
もし郵便物を盗まれている場合は、しばらく郵便局留めにしてみましょう。
近くに郵便局があれば良いですが、ない場合は取りに行くのに手間がかかります。
また郵便物は10日間程度しか保管してくれませんので、定期的に取りに行く必要があります。
郵便物を取るのは立派な犯罪行為ですので、もし盗られたことが明らかな場合は警察に相談して構いません。
犯人が捕まるまでの間、局留めにしておくのも対策のひとつです。

直接家に届けてもらえるか相談する

郵便を持ってくる郵便屋さんに、郵便を直接家のドアのポストか家まで届けてもらえないかどうか相談するのも良いでしょう。
基本的にはポストに投函するのが通常ですが、例外として受けてくれる可能性もゼロではありません。
イタズラが多い、盗難されているなどの理由であれば臨機対応に対応してくれる場合もあります。
ただしてもらえたからといって、それにばかりは甘えられません。
何らかの防犯対策を早めに行って、郵便ポストに投函されるようにしましょう。

郵便物はこまめに取り出すこと

ポストの防犯対策の中で、一番現実的で一番今すぐに行える対策です。
郵便物はこまめにチェックしてさっさと回収してしまう事が盗まれない対策です。
家族が多い家なら、家族分の郵便物が届く訳です。
ですが家族ひとりひとりがきちんと郵便物を見る習慣をつけてくれたら、盗まれる可能性も低くなります。
家の前を通ったら、また帰ってきたら郵便物を取るということを家族みんなでルールとして決めてみてはいかがでしょうか。

長期旅行の場合は不在届を出す

旅行はもちろん、出張や帰省などで長期に家を空ける場合もありますね。
人の目もなくなり、郵便物もたまっていきますので郵便局に不在届を出しておきましょう。
最近では個人情報とは関係のない、新聞までも盗んでいく犯人がいます。
郵便物が溜まっていると、郵便物の盗難だけでなく空き巣の可能性も高まりますので、不在票で対応しましょう。

賃貸の場合繰り返すなら管理会社に掛け合ってみる

戸建ての持ち家ですと、郵便ポストの防犯対策はしやすいので対処できますが、賃貸の場合は防犯対策がとりにくいです。
ただし郵便ポストは共有部分ですので、盗難を繰り返すようであれば管理組合や管理会社に防犯カメラ設置について掛け合ってみましょう。
分譲マンションも賃貸と同様に、勝手に防犯カメラなどを設置することはできません。
ただし定例会議の際に議題としてあげてもらえるので、相談することが大切です。

郵便ポストに鍵を付けていない人は、今すぐ鍵を設置しましょう。
ダイヤル式やデジタルロックの南京錠は防犯性に優れているので使いやすいですよ。
また郵便物を盗られないように、防犯カメラやステッカーを設置する対策法もあります。
賃貸物件やマンションの場合は勝手にポストを変えることはほぼできませんが、カメラの設置を組合に相談するのも一つの手です。
郵便物はためずにこまめに回収し、郵便ポストも家の一部だということを意識することが大切ですよ。