港南区 雨漏りのお困り 雨漏り修理業者 出張ならお任せ

港南区の雨漏りのお困り駆け付けます! 木造住宅は比較的部材の取替は容易ですが、木材の継ぎ足し、入れ替えで瓦屋根の重量に対する耐久性能が低下します。瓦屋根の補修だけでは済まず、腐食した柱の交換、屋根下地の野地板の張替、小屋裏の断熱材の交換までも及ぶ場合があります。最低限の補修で防水テープを貼るなどの応急措置も可能ですが、長期的な雨漏り防止には力不足です。通常の屋根材では全てビス止めをしている為防水紙の確認は不可能です。被害が軽い場合は下地への被害も大きくはないので、葺き直し工事で防水紙を取り替えれば問題はありません。更に、防水紙が捲れている場合に上から部分的に防水紙を被せる施工は、一時的に改善したとはしても大変危険です。防水紙は軒から棟に向かって重ねていくのが正しい施工です。錆止め塗料との併用で劣化を抑え、雨漏りを防ぐことも可能です。屋根の老朽化とは関係なく、最近では耐震性を考え重量の重い瓦屋根から、和風建築の雰囲気を残したまま軽量化された軽い瓦に葺き替える方も多くなっております。スレート屋根や金属屋根材の住宅とは違い、重量のある瓦に対する構造はとても強固に設計されています。木造住宅は比較的部材の取替は容易ですが、木材の継ぎ足し、入れ替えで瓦屋根の重量に対する耐久性能が低下します。棟に漆喰を詰め瓦屋根の完成になります。防水紙を被せるだけでは隙間から雨水が入り込み、防水紙の劣化部分に到達し、雨漏りは再発してしまいます。すると、補修は2回、費用も2倍に嵩みます。防水紙は屋根にとって最後の要です。通常新築時に使用されているアスファルトルーフィングの寿命はせいぜい15~20年です。瓦自体がメンテナンスが不要に近いというのはよく耳にする話ですよね。あらゆるご用命緊急で出張します! 心配事のない暮らしのお力になれたらとスタッフ一丸となって真剣に考えております。お困りの際はぜひ、ご相談ください。港南区で雨漏りのお悩みは港南区出張の雨漏り修理業者が解決します。