長崎県 雨漏りのお困り 雨漏り修理業者 出張ならお任せ

長崎県の雨漏りのトラブル対応! 和風建築の印象と言えばまさか鉄筋コンクリート造ではなく、木造住宅ではないかな~という勝手な推測が挙がります。防水紙を被せるだけでは隙間から雨水が入り込み、防水紙の劣化部分に到達し、雨漏りは再発してしまいます。すると、補修は2回、費用も2倍に嵩みます。雨漏りを起こす原因は様々ですが、板金や棟からの雨漏りとは別の場合、多くは防水紙の劣化です。防水紙の劣化確認は、浮き上がり・突っ張りがないか、亀裂や穴がないか、重なりが捲れたりしていないか…全て目視確認になります。防水紙からの雨漏りは最低限、葺き直し工事が必要になることはご理解ください。20年を目処にこまめに点検・取替が必要となります。防水紙に瓦桟と呼ばれる木材を水平に取付け、そこに瓦を引っ掛けるように止めていきます。近年、高耐久なマスタールーフィング(耐用年数約60年)の下葺き材も世間には存在します。木材と土を多く使用している住宅は温度や湿度の調整をし、快適な空間を作っています。また瓦と納まりはとてデリケートで慎重に施工しなければ、かえって雨漏りの原因に繋がってしまいます。漆喰が剥がれて瓦がズレたりしている場合、瓦を固定する強度が弱くなっている証拠です。このような重症の場合は棟瓦を取り外し、新しい漆喰でしっかりと積み直します。それは、コーキングの付着した瓦の再利用が困難(全て剥がす作業が必要となる為、また剥がす際に瓦の割れが考えられます)、瓦の剥がし自体が難しく費用が多くかかる為葺き替え工事等、屋根材自体の交換を勧めます。近年の大地震で瓦の落下・重量による建物の倒壊は問題となり、建物自体の軽量化に注目が集まっています。棟瓦は湾曲し、のし瓦が突き出ている住宅もちらほら…先ほどの漆喰とも関係はありますが、他の屋根材とは違い1枚ずつビスで固定されているわけではなく、桟木に引っかかっている・漆喰や銅線で止めているだけの施工だからです。漆喰は大変頑丈ですが、建物の揺れや風によって割れ・剥がれが見られるようになります。あらゆる要請緊急でお任せ! 心配事のない営みのお役に立てればと社員共々労力を惜しみません。お困りの際はぜひ、お電話を、お待ちしております。長崎県で雨漏りのご依頼は長崎県出張の雨漏り修理業者へお任せください。