浜松市南区 雨漏りのお困り 雨漏り修理業者 出張ならお任せ

浜松市南区の雨漏りのお悩みお任せ下さい! 防水紙の劣化確認は、浮き上がり・突っ張りがないか、亀裂や穴がないか、重なりが捲れたりしていないか…全て目視確認になります。被害が軽い場合は下地への被害も大きくはないので、葺き直し工事で防水紙を取り替えれば問題はありません。頂点には瓦屋根特有の段積みの棟を乗せていきます。ここにも瓦屋根のメリットがあります。また瓦と納まりはとてデリケートで慎重に施工しなければ、かえって雨漏りの原因に繋がってしまいます。全体構造はさておき、屋根は小屋裏もしくは吹き抜けになり、梁(はり)・垂木(たるき)・束(つか)・母屋(もや)・筋交(すじかい)・棟木(むなぎ)とたくさんの形状の木材・金具があり、野地板・防水紙・瓦桟(かわらざん)・瓦と乗っかっていきます。屋根の雨漏りは防水紙に懸かっています!雨漏りを起こす原因は様々ですが、板金や棟からの雨漏りとは別の場合、多くは防水紙の劣化です。穴が開けばまず雨漏りを起こしてしまいます。瓦屋根の補修だけでは済まず、腐食した柱の交換、屋根下地の野地板の張替、小屋裏の断熱材の交換までも及ぶ場合があります。漆喰の劣化が崩れや剥がれなど比較的軽い場合、劣化した部分を取り除き、詰め直します。穴が開けばまず雨漏りを起こしてしまいます。瓦の耐久力とは関係なく、経年劣化によって防水紙に寿命が来た時点で雨漏りを起こします。棟に漆喰を詰め瓦屋根の完成になります。その後、新しい谷板金を設置して、取り外していた瓦を再度設置します。様々なご依頼迅速にお任せ下さい! 憂いのない人生の架け橋になれたらとスタッフ一同真剣に考えております。ぜひお気軽にお問い合わせください。浜松市南区で雨漏りのお悩みは浜松市南区出張の雨漏り修理業者が対応します。