稲城市 雨漏りのお困り 雨漏り修理業者 出張ならお任せ

稲城市の雨漏りのお悩みお任せ下さい! 瓦の耐久力とは関係なく、経年劣化によって防水紙に寿命が来た時点で雨漏りを起こします。防水紙の劣化確認は、浮き上がり・突っ張りがないか、亀裂や穴がないか、重なりが捲れたりしていないか…全て目視確認になります。全体構造はさておき、屋根は小屋裏もしくは吹き抜けになり、梁(はり)・垂木(たるき)・束(つか)・母屋(もや)・筋交(すじかい)・棟木(むなぎ)とたくさんの形状の木材・金具があり、野地板・防水紙・瓦桟(かわらざん)・瓦と乗っかっていきます。被害が軽い場合は下地への被害も大きくはないので、葺き直し工事で防水紙を取り替えれば問題はありません。雨漏りを起こす原因は様々ですが、板金や棟からの雨漏りとは別の場合、多くは防水紙の劣化です。1枚割れた際に差し替えだけで済む大変補修に便利な施工の為に、ズレや浮きも起こしやすいのは仕方がありませんが、瓦の浮き・ズレによって、防水紙が露出してしまいます。漆喰は10~15年程度でのメンテナンスを推奨します。防水紙の葺き直し等瓦の補修工事のタイミングで取替工事をするのがお勧めです。また素材によっては、塗装が可能です。近年の大地震で瓦の落下・重量による建物の倒壊は問題となり、建物自体の軽量化に注目が集まっています。築年数を考えて、防水紙に気になる問題があれば部分的に葺き直し、もしくは葺き替え工事で軽量な屋根材に変更することも可能です。しかし経年もしくは風によって瓦は浮きやズレを起こします。漆喰が剥がれて瓦がズレたりしている場合、瓦を固定する強度が弱くなっている証拠です。このような重症の場合は棟瓦を取り外し、新しい漆喰でしっかりと積み直します。特に天井材が腐食している程放置していた場合に、住宅にどれだけの雨水が入り込んでいるのは分かりかねます。そしてその場合の補修方法は葺き替え工事のみです。近年、高耐久なマスタールーフィング(耐用年数約60年)の下葺き材も世間には存在します。様々なお悩み迅速に急行いたします! 快適な毎日の架け橋になれたらとスタッフ一同労力を惜しみません。通話料は無料です。お電話を、お待ちしております。稲城市で雨漏りのご依頼は稲城市出張の雨漏り修理業者へお任せください。