杉並区 雨漏りのお困り 雨漏り修理業者 出張ならお任せ

杉並区の雨漏りのご依頼お任せ! 防水紙に瓦桟と呼ばれる木材を水平に取付け、そこに瓦を引っ掛けるように止めていきます。棟に漆喰を詰め瓦屋根の完成になります。でも瓦の形・重厚感がいい!和風建築の雰囲気を残したまま軽量化したいという方も多いです。造りは他の屋根材であっても変わりませんが、瓦だけは設置方法、屋根の仕組みが変わります。棟瓦は湾曲し、のし瓦が突き出ている住宅もちらほら…先ほどの漆喰とも関係はありますが、他の屋根材とは違い1枚ずつビスで固定されているわけではなく、桟木に引っかかっている・漆喰や銅線で止めているだけの施工だからです。防水紙を被せるだけでは隙間から雨水が入り込み、防水紙の劣化部分に到達し、雨漏りは再発してしまいます。すると、補修は2回、費用も2倍に嵩みます。スレート屋根や金属屋根材の住宅とは違い、重量のある瓦に対する構造はとても強固に設計されています。その防水紙の寿命はご存知でしょうか?漆喰が剥がれて瓦がズレたりしている場合、瓦を固定する強度が弱くなっている証拠です。このような重症の場合は棟瓦を取り外し、新しい漆喰でしっかりと積み直します。屋根からの雨漏りを防いでいるのは屋根材ではなく防水紙です。防水紙の劣化確認は、浮き上がり・突っ張りがないか、亀裂や穴がないか、重なりが捲れたりしていないか…全て目視確認になります。瓦自体がメンテナンスが不要に近いというのはよく耳にする話ですよね。でも瓦の形・重厚感がいい!和風建築の雰囲気を残したまま軽量化したいという方も多いです。20年を目処にこまめに点検・取替が必要となります。銅・ステンレス・ガルバリウム鋼板と様々な頑丈と言われる板金が使われますが、劣化しないということはまずありません。あらゆるトラブル迅速に対応! 心配事のない毎日のサポートができればと社員一丸となってお客様へ貢献いたします。いつでもお電話下さい。杉並区で雨漏りのお困りは杉並区出張の雨漏り修理業者が対応します。