水回りのお困り駆け付けます! 剥がすときはカッターを使わないと剥がせません。作業が終わったら、蛇口本体を元通り取り付けましょう。レバーハンドルを上げ下げすることで水が出たり、止まったりするタイプの蛇口です。ノズル、ボタンなど細かい部分の掃除を怠り、汚れがたまって動作が悪くなっているのかもしれません。これは、便器本体に何らかの原因でヒビが入っている、もしくは便器本体に結露が生じて水滴が床を濡らしている、便器周辺の配管のゆるみなどが原因として考えられます。引っ張りながら巻くのがポイントです。テープどうしが重なるように二重三重に巻いていきます。修理はくれぐれも慎重に行いましょう。水道栓を閉めたら古い蛇口を持って反時計回りに回します。持ち上げるだけで簡単に開きます。新しいシールテープをネジに向かって引っ張りながら巻きなおしてください。よくあるトラブルは「給水管、配水管の接合部分からの水漏れ」です。パッキン(三角パッキン)も新しいものと交換します。そして、最近非常に多いのが「ウォシュレット、温水便座の水漏れ」です。ホームセンターに売っています。蛇口の内部に破損したパーツの一部が残らないように気を付けて取り除きましょう。あらゆるお困り迅速にお任せ! 健やかな暮らしの架け橋になれたらと従業員一同労力を惜しみません。通話料は無料です。お電話下さい。水回りのご用命は出張の水道屋が解決します。