中央区 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

中央区の水回りのお悩み対応! もし、管理会社の営業時間外に水漏れが起きた場合は、故障個所が分かるような書類を業者からもらい、後日管理会社に提出してください。水漏れにはいくつかの原因があり、原因が違えば直し方も違います。水位調整はタンクのパーツの形状によって異なります。フタからの水漏れはタンク内のパーツがずれてしまったために起こることがあります。節水のためにペットボトルなどをタンク内に入れているご家庭もありますが、タンク内のパーツを破損したりずらしてしまうおそれがあるので、あまりおすすめできません。力を加えすぎて破損しないように気を付けましょう。蛇口のパッキンが劣化している場合は、単水栓の場合、カラービスを外して、ハンドル部分を外します。ウォシュレットの場合は、ウォシュレット用の止水栓と間違えないようにしましょう。固くて回らない時はスパナを使って反時計回りに回して外します。家庭用の三角パッキンは直径22㎜のものが主流ですが、サイズを事前に調べて間違えないようにしてください。止水栓自体を交換する場合は、止水栓と配管の接続部分のナットをモンキーレンチで取り外します。一度密着してしまえばビニールテープよりもはるかに強度が高く剥がすことはできません。フレアパッキンと、フレアパッキンに一体化したリング、ばねをラジオペンチで引き抜きます。フィルターの汚れはブラシを使って掃除してください。すべてのパーツを順番に取り付けていけば完了です。蛇口レバーの下からの水漏れ。ハンドルを反時計回りに回すと水が出て、時計回りにすると水が止まります。原因はバルブカートリッジの部品の経年劣化、摩耗です。蛇口の付け根部分、壁面の接合部分から水がしみだしてくるなら、蛇口のネジ山のシールテープ部分が劣化しているのかもしれません。作業が終わったら、蛇口本体を元通り取り付けましょう。力を加えすぎて破損しないように気を付けましょう。蛇口のパッキンが劣化している場合は、単水栓の場合、カラービスを外して、ハンドル部分を外します。あらゆる要請迅速に解決します! 大切な毎日の架け橋になれたらとスタッフ共々労力を惜しみません。迷わずお電話下さい。中央区で水回りのご依頼は中央区出張の水道屋が対応します。