若葉区 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

若葉区の水回りのトラブルご相談ください! 用意するのは新しいハンドルとシールテープです。作業が終わったら、止水栓、または元栓を回して開けましょう。自分で排水管のパッキンを交換したり、排水管を外したりする自信がないなら、融着テープを貼るだけでも効果はあります。お風呂場などによくあるタイプの蛇口です。蛇口の外側に型番がかいてあればそれをもとにメーカーのサイトでカートリッジの型番もわかりますが、蛇口にかいてある型番が読み取れない場合は、実際にカートリッジを取り外して確認してください。壁面と蛇口の接合部分から水漏れしている場合、専用の水洗レンチで蛇口本体を取り外します。また、湿度が高いとパッキンなどにカビが生えて劣化してしまいます。バルブカートリッジは、固定されているわけではなく、蛇口の中に置いてあるだけなので簡単に交換できます。トイレの水漏れなんてとても自分で修理できないと思うかもしれませんが、案外、簡単なことで水漏れが直ることがあります。毎日家族全員が使うものですから、壊れてしまったら一大事!便器の止水栓から水が漏れる、給水管から水が垂れている、水洗のレバーを戻しても水がチョロチョロ流れて止まらない…。水位調整リング(ペットボトルのフタのような形状で表面がギザギザした部品)がボールタップ(水が出る管)の付け根部分についているなら、水位調整リングを引き上げてロックを解除します。自分で修理しようとして壊してしまったり、コードに水がかかって発火するといったケースもあります。また、手荒い用パイプのホースが破損していたり、ジャバラホースが外れていることが原因かもしれません。「トイレの水がチョロチョロ流れて止まらない」場合は、内部部品の劣化やパーツのずれが原因でしょう。バルブの間に異物が噛んでいると隙間から水が漏れていきます。これは、何らかの原因で排水がスムーズにいかずに貯水タンクから水があふれてきているのかもしれません。ホームセンターで購入する場合は部品そのものを外して持っていき、同じものを購入すればよいでしょう。水漏れに気が付いたら放置せずに、早めに対処しましょう。様々なご依頼緊急でなら心配ご無用! 快適な人生のサポートができればとスタッフ一同精進致します。通話料は無料です。お電話下さい。若葉区で水回りのお困りは若葉区出張の水道屋が解決します。