印西市 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

印西市の水回りのお悩みご相談ください! お風呂場など壁に止水栓がついているタイプは、壁面と蛇口の足部分の間にあります。水道の元栓は、戸建て住宅なら敷地内の地面にメーターボックスが埋まっているはずです。反対方向に回すとせっかく貼り付けたシールテープがはがれてしまい、また水漏れします。バルブカートリッジは、固定されているわけではなく、蛇口の中に置いてあるだけなので簡単に交換できます。ナットのきわの部分は、爪や割りばしなどを使ってしっかり押さえて密着させて巻いてください。新しい止水栓用スピンドルを取り付けたらマイナスドライバーで閉めます。配管そのものが破損していない限りは、たいていの水漏れは自分で修理することができます。賃貸の場合は、業者を呼ぶ前に管理会社にまずは連絡をいれるとよいでしょう。毎日家族全員が使うものですから、壊れてしまったら一大事!便器の止水栓から水が漏れる、給水管から水が垂れている、水洗のレバーを戻しても水がチョロチョロ流れて止まらない…。たいていの場合はパッキンの劣化が原因でしょう。10年以上バルブカートリッジを交換していないなら、ケース②の場合と同様の方法でバルブカートリッジを交換しましょう。きつく締めすぎないように注意してください。お風呂場などによくあるタイプの蛇口です。ホースが劣化して穴や亀裂があるなら、新しいホースに取り換えましょう。シングルレバーは上下左右に自由自在に動かせるという構造的に、いわゆる“遊び”の部分が必要で、その部分から水漏れしやすくなっています。水漏れは、家のトラブルの中でもかなり深刻なものです。最近は樹脂製のフタが増えていますが、もし陶器でできたフタの場合は、割らないように気をつけて扱ってください。あらゆるトラブル緊急で出動! 快適な生活のサポートができればと社員ひとりひとりが願っております。ぜひお気軽にご相談ください。印西市で水回りのご依頼は印西市出張の水道屋へお任せください。