北九州市 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

北九州市の水回りの要請ご相談ください! 掃除をし、便器の周りやタンク内を定期的に確認してください。ウォシュレットの場合は、トイレの湿度が高いと内部の基盤が故障したり不具合を起こすことがあります。水洗のネジ山部分に貼ってあるシールテープが劣化している場合、古いシールテープをきれいに外します。ネオレスト系の便器の場合は、便器下部後方のパネルを手で外すと止水栓が見つかるはずです。持ち上げるだけで簡単に開きます。レバーハンドルを上げ下げすることで水が出たり、止まったりするタイプの蛇口です。ですが、力を入れ過ぎて配管を破損してしまったり、誤って部品を失くしてしまうこともありますので、自信がない場合は、無理をせずに専門の水道修理業者に頼みましょう。分からない場合は、ホームセンターの店員に聞けば教えてくれるはずです。自分で直せないと思ったら無理は禁物です。このとき、必ず時計回りに取り付けてください。ウォシュレットの場合は、ウォシュレット用の止水栓と間違えないようにしましょう。トイレの修理に必要なパッキンやチェーン、ホースなどはすべてホームセンター、またはamazonや楽天市場などのネット通販で購入できます。10年以上たっている場合は、パッキンの劣化の可能性が高いでしょう。次にあげる水漏れのケースは「便器本体からの水漏れ」です。蛇口や水道配管の耐用年数は約10年です。ばね、フレアパッキンは竹串などにはめこんで押し込みます。これは、便器本体に何らかの原因でヒビが入っている、もしくは便器本体に結露が生じて水滴が床を濡らしている、便器周辺の配管のゆるみなどが原因として考えられます。そして、最近非常に多いのが「ウォシュレット、温水便座の水漏れ」です。ネオレスト系の便器の場合は、便器下部後方のパネルを手で外すと止水栓が見つかるはずです。あらゆるお困り緊急で出張します! 快適な日常の助けになれればとスタッフ共々労力を惜しみません。迷わずご相談ください。北九州市で水回りの要請は北九州市出張の水道屋が対応します。