大川市 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

大川市の水回りの要請お任せ! ほとんどの止水管はマイナスドライバーでしめられる構造になっています。お風呂場によくあるタイプの蛇口です。集合住宅の場合は、玄関横のパイプシャフト内、または玄関を出てすぐの地面に設置されているはずです。蛇口の外側に型番がかいてあればそれをもとにメーカーのサイトでカートリッジの型番もわかりますが、蛇口にかいてある型番が読み取れない場合は、実際にカートリッジを取り外して確認してください。壁面と蛇口の接合部分から水漏れしている場合、専用の水洗レンチで蛇口本体を取り外します。マンションや団地など件数の多い集合住宅の場合は、外廊下にあるパイプシャフトという部分、玄関横の扉の中にあるでしょう。これは、便器本体に何らかの原因でヒビが入っている、もしくは便器本体に結露が生じて水滴が床を濡らしている、便器周辺の配管のゆるみなどが原因として考えられます。そして、最近非常に多いのが「ウォシュレット、温水便座の水漏れ」です。新しい止水栓用スピンドルを取り付けたらマイナスドライバーで閉めます。配管そのものが破損していない限りは、たいていの水漏れは自分で修理することができます。それから新しいカートリッジをはめ込んでください。事前に確認してから同じものを購入してください。蛇口のハンドルやレバー、その接合部分からじわじわと水漏れしている場合は、ナットやボルトがゆるんでいるのかもしれません。もし止水栓が見つからなければ、家全体の水道の元栓を閉めて作業してください。作業する際はくれぐれも自己責任で行ってください。そのほかにも、さまざまなタイプの蛇口があるので、どのような修理、部品交換が必要か、メーカーのサイトなどで確認してみましょう。チェーンがもつれたり切れたりしていないか確認します。このとき、きつく締めようとして力いっぱい締め付けると配管を破損してしまうので、水洗取り付け調整パッキンや、シールテープの量を増やして固定しましょう。キッチンでよく見かけます。あらゆるお困り緊急で伺います! 安全な暮らしのサポートができればとスタッフひとりひとりがお客様へ貢献いたします。通話料は無料です。お電話下さい。大川市で水回りのトラブルは大川市出張の水道屋へお任せください。