群馬県 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

群馬県の水回りのお困り急行いたします! モンキーレンチでナットを外すと、中にパッキンが入っています。ボールタップに力がかからないように気を付けてください。水漏れの原因を突き止めたら、止水栓または水道の元栓をしっかり閉めて、修理に取り掛かりましょう。一つ目の原因「給水管、配水管の接合部分からの水漏れ」の対処法です。しばらくすると融着テープはしっかり密着してはがれなくなります。きつく回しすぎないようにしましょう。反対方向に回すとせっかく貼り付けたシールテープがはがれてしまい、また水漏れします。水道の元栓も時計回りに回すと締まり、反時計回りに回すと開きます。また蛇口本体が劣化している場合、金属の摩耗により内部のパーツを交換しても水漏れが直らないこともあります。歯ブラシや綿棒を使ってきれいにしてください。新しい蛇口にシールテープを時計回りに6から10回程度巻き付けます。フタからの水漏れはタンク内のパーツがずれてしまったために起こることがあります。節水のためにペットボトルなどをタンク内に入れているご家庭もありますが、タンク内のパーツを破損したりずらしてしまうおそれがあるので、あまりおすすめできません。家庭用の三角パッキンは直径22㎜のものが主流ですが、サイズを事前に調べて間違えないようにしてください。止水栓自体を交換する場合は、止水栓と配管の接続部分のナットをモンキーレンチで取り外します。フタを上に起こしてじゃばらに接続している部分のナットを手で左に回すと外れます。止水管は、水漏れなどのトラブルが起きたときに給水を止めるためのものです。ウォシュレットからの水漏れの場合、内部の貯水タンクのヒビや破損、給水パイプや水洗ノズルの破損、これらの接合部分の破損などの原因が考えられます。そして、もう一つあげるのが「便器のフタからの水漏れ」です。きつく締めすぎないように注意してください。パッキンが劣化している場合は目で見ればすぐに分かります。様々なお困り迅速にご相談ください! 健やかな日々のお役に立てればと社員一丸となってサービスの向上に努めております。ぜひお気軽にお電話を、お待ちしております。群馬県で水回りのご依頼は群馬県出張の水道屋が対応します。