東広島市 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

東広島市の水回りのご依頼なら心配ご無用! 手の届きにくい裏側が汚れているかもしれません。チェーンが接続されていて、レバーをひねると持ち上がる部分です。「もう少し」という部分で止め、シールテープを巻きます。チェーンがもつれたり切れたりしていないか確認します。寒冷地帯だと冬はウォシュレット内の水が凍結してしまう可能性もあります。レンチで時計回りに回して簡単に回るようならば、ナットが緩んでいます。10年以上たっている場合は、パッキンの劣化の可能性が高いでしょう。次にあげる水漏れのケースは「便器本体からの水漏れ」です。ウォシュレットの場合は、ウォシュレット用の止水栓と間違えないようにしましょう。次に新しいパーツを取り付けます。10年以上バルブカートリッジを交換していないなら、ケース②の場合と同様の方法でバルブカートリッジを交換しましょう。固くて回らない時はスパナを使って反時計回りに回して外します。ネオレスト系の便器の場合は、便器下部後方のパネルを手で外すと止水栓が見つかるはずです。力を加えすぎて破損しないように気を付けましょう。蛇口のパッキンが劣化している場合は、単水栓の場合、カラービスを外して、ハンドル部分を外します。自分で修理しようとして壊してしまったり、コードに水がかかって発火するといったケースもあります。キッチンの止水栓はキッチンカウンターの下に、洗面所は洗面台の下にあります。あらゆるお困り緊急で解決します! 快適な日々の架け橋になれたらとスタッフひとりひとりが精進致します。いつでもお電話を、お待ちしております。東広島市で水回りの要請は東広島市出張の水道屋が対応します。