南区 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

南区の水回りのご依頼お任せ下さい! 水が低いなら上に曲げましょう。パッキン(三角パッキン)も新しいものと交換します。止水栓が外れたら排水管のナットのパッキンを交換して、元どおりに固定しなおします。ナットがゆるんでいるだけならば、レンチで締めなおすだけで大丈夫です。そんなトイレのトラブルの原因や直し方をご紹介します。トイレの水漏れはいつ起こるか分かりません。ノズル、ボタンなど細かい部分の掃除を怠り、汚れがたまって動作が悪くなっているのかもしれません。ネオレスト系の便器の場合は、便器下部後方のパネルを手で外すと止水栓が見つかるはずです。シングルレバーとは、レバーが一つだけついていて、レバーを上げたり下げたりすることで水量を調節し、左右にレバーを動かすことで温度調節ができます。仕組みは、ハンドルを回すとスピンドルが上がって、スピンドルについているコマと弁座の間に隙間ができて水が出るというものです。まずは、給水管のどの部分から水漏れしているのかを確認しましょう。引っ張りながら巻くのがポイントです。50㎝から1mくらい巻いてください。マンションなどの場合は、下の階まで水浸しになってしまうかもしれません。ウォシュレットの場合は、ウォシュレット用の止水栓と間違えないようにしましょう。集合住宅の場合は、隣の家や、他の家と水道の元栓が同じ場所に設置されていることがあるので、間違って他の家の元栓を閉めてしまわないようにくれぐれも注意してください。様々な要請迅速に伺います! かけがえのない毎日のお力になれたらとスタッフ一同精進致します。お困りの際はぜひ、お電話下さい。南区で水回りのお困りは南区出張の水道屋が対応します。