泉区 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

泉区の水回りのトラブルお任せ! ですが、力を入れ過ぎて配管を破損してしまったり、誤って部品を失くしてしまうこともありますので、自信がない場合は、無理をせずに専門の水道修理業者に頼みましょう。ハンドルが抜けたらパッキング抑えに薄い布やタオルをかけて傷つけないようにしながら、ウォータープライヤーで緩めます。水道の元栓を開け、水漏れしないか確認すれば修了です。蛇口の内部に破損したパーツの一部が残らないように気を付けて取り除きましょう。新しいシールテープをネジに向かって引っ張りながら巻きなおしてください。他の部屋の元栓を閉めないように注意しましょう。配管の中にシールテープやゴミなどが残っていれば取り除きます。ナットを右回りに回して取り付けます。そしてコンセントを外しておきます。水洗のネジ山部分に貼ってあるシールテープが劣化している場合、古いシールテープをきれいに外します。無理をせず業者やメーカーに修理を頼みましょう。蛇口の外側に型番がかいてあればそれをもとにメーカーのサイトでカートリッジの型番もわかりますが、蛇口にかいてある型番が読み取れない場合は、実際にカートリッジを取り外して確認してください。壁面と蛇口の接合部分から水漏れしている場合、専用の水洗レンチで蛇口本体を取り外します。また、水道メーターの赤いパイロットランプが点滅している場合も水漏れです。蛇口の種類、形状によって水漏れの原因や修理の方法は変わってきます。ハンドルタイプの止水栓のスピンドルを交換する場合は、止水栓を取り外した後、ハンドルの中心部のビスをモンキーレンチで取り外すとハンドル部分が外せます。使用していない時でも換気扇をつけたり、ドアや窓を定期的に開けて換気を行いましょう。様々なお困り迅速にご相談ください! 大切な毎日の助けになれればとスタッフ一丸となって願っております。お困りの際はぜひ、ご相談ください。泉区で水回りのお悩みは泉区出張の水道屋へお任せください。