南区 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

南区の水回りのお困り解決します! 修理はくれぐれも慎重に行いましょう。配管そのものに亀裂が入ったり、破損しているということでなければ、自分でパーツを交換したり、ナットやボルトを閉めなおすことで解決する場合が多いでしょう。蛇口のハンドルやレバー、その接合部分から水漏れしているならば、水漏れしている接続部分のナットがゆるんでいないか、まずはレンチで確認してみましょう。ナットを右回りに回して取り付けます。前後左右に軽くゆすりながら引き抜くと取れます。フタを上に起こしてじゃばらに接続している部分のナットを手で左に回すと外れます。これらの水漏れの原因はおもにパッキンの劣化、または接合部分のナットやバルブのゆるみによって起こります。もし、蛇口が開いていないのにメーターが動いていたら水漏れしています。配管の中にシールテープやゴミなどが残っていれば取り除きます。家庭用の三角パッキンは直径22㎜のものが主流ですが、サイズを事前に調べて間違えないようにしてください。止水栓自体を交換する場合は、止水栓と配管の接続部分のナットをモンキーレンチで取り外します。蛇口の先(吐水口)のフィルターが汚れていることが、水漏れの原因かもしれません。テープどうしが重なるように二重三重に巻いていきます。パッキンは黒いゴムのリング状です。フレアパッキンと、フレアパッキンに一体化したリング、ばねをラジオペンチで引き抜きます。止水栓の位置は、壁のそば、タンクの給水管についています。これは、便器本体に何らかの原因でヒビが入っている、もしくは便器本体に結露が生じて水滴が床を濡らしている、便器周辺の配管のゆるみなどが原因として考えられます。そして、最近非常に多いのが「ウォシュレット、温水便座の水漏れ」です。あらゆるお困り緊急でお任せ! 安全な生活の助けになれればと社員一丸となって労力を惜しみません。ぜひお気軽にご相談ください。南区で水回りの要請は南区出張の水道屋へお任せください。