鈴鹿市 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

鈴鹿市の水回りの要請駆け付けます! パッキンを交換する際には、必ずタンクの中の水を抜いてからにしてから行ってください。よくあるトラブルは「給水管、配水管の接合部分からの水漏れ」です。レバーハンドルを上げ下げすることで水が出たり、止まったりするタイプの蛇口です。水洗のネジ山部分に貼ってあるシールテープが劣化している場合、古いシールテープをきれいに外します。チェーンがもつれたり切れたりしていないか確認します。水位調整リングがついていない場合は、水位が高いなら浮き玉についている棒を下に曲げます。ウォシュレットからの水漏れの場合、内部の貯水タンクのヒビや破損、給水パイプや水洗ノズルの破損、これらの接合部分の破損などの原因が考えられます。そして、もう一つあげるのが「便器のフタからの水漏れ」です。作業が終わったら、止水栓、または元栓を回して開けましょう。自分で排水管のパッキンを交換したり、排水管を外したりする自信がないなら、融着テープを貼るだけでも効果はあります。自分で作業する場合は、必ず止水栓を閉めてから行ってください。水位調整はタンクのパーツの形状によって異なります。元栓は水道メーターの近くについています。ピンセット、竹串やキリ、雑巾、古い歯ブラシなどもあると便利でしょう。10年以上バルブカートリッジを交換していないなら、ケース②の場合と同様の方法でバルブカートリッジを交換しましょう。もちろんホームセンターでも購入可能です。特に止水栓の取り換えなどは失敗すると、かえって高くつくことにもなりかねません。あらゆるお困り緊急で出動! 心配事のない日々のお力になれたらと社員一丸となって願っております。ぜひお気軽にお電話下さい。鈴鹿市で水回りのご依頼は鈴鹿市出張の水道屋へお任せください。