茅野市 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

茅野市の水回りのお困りご相談ください! ステンレス製の玉鎖なら、3玉分余らせて取り付けましょう。続いて、ゴムフロート、またはフロートバルブを点検します。タンク内にペットボトルを入れていると、このゴムフロートにペットボトルが接触してしまうことがあるので注意が必要です。チョロチョロ水が流れて止まらない場合は、浮き玉の位置が標準水位(オーバーフロー管に刻まれた-WL-の位置。水漏れの原因を突き止めたら、止水栓または水道の元栓をしっかり閉めて、修理に取り掛かりましょう。一つ目の原因「給水管、配水管の接合部分からの水漏れ」の対処法です。ナットがゆるんでいるだけならば、レンチで締めなおすだけで大丈夫です。しばらくすると融着テープはしっかり密着してはがれなくなります。仕組みは、ハンドルを回すとスピンドルが上がって、スピンドルについているコマと弁座の間に隙間ができて水が出るというものです。くれぐれも気を付けてください。「便器のフタからの水漏れ」「トイレの水がチョロチョロ流れて止まらない」といった場合は、止水栓を閉めて排水を止めたら、トイレタンクのフタを開けてみましょう。修理はくれぐれも慎重に行いましょう。隣の家の元栓も同じ場所にある場合がありますから、間違って別のお宅の元栓を閉めないように気を付けてください。水洗のネジ山部分に貼ってあるシールテープが劣化している場合、古いシールテープをきれいに外します。融着テープの幅が細くなるくいらいまで伸ばして貼ります。「そろそろ10年たつな」と思ったら、水漏れ修理に必要な工具を揃え、どんな修理ができるか調べておきましょう。水道からポタポタ水が垂れていなくても、水道料金が急に増えたら水漏れを疑ってみましょう。水が出るか確認しましょう。水道の水漏れ修理に必要な工具は、モンキーレンチ、ウォータープライヤー、シールテープ、マイナスドライバーなどです。これだけは、絶対に忘れないでください。ハンドルが抜けたらパッキング抑えに薄い布やタオルをかけて傷つけないようにしながら、ウォータープライヤーで緩めます。様々なトラブル迅速にご相談ください! かけがえのない生活のお役に立てればと社員共々真摯に対応いたします。お困りの際はぜひ、お問い合わせください。茅野市で水回りのご用命は茅野市出張の水道屋へお任せください。