佐伯市 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

佐伯市の水回りのお悩み伺います! 新しい止水栓用スピンドルを取り付けたらマイナスドライバーで閉めます。配管そのものが破損していない限りは、たいていの水漏れは自分で修理することができます。原因はバルブカートリッジの部品の経年劣化、摩耗です。蛇口の付け根部分、壁面の接合部分から水がしみだしてくるなら、蛇口のネジ山のシールテープ部分が劣化しているのかもしれません。バルブカートリッジは、固定されているわけではなく、蛇口の中に置いてあるだけなので簡単に交換できます。接続部分に使われているパッキンは10年が寿命なので、古いパッキンを新しいものと交換すれば水漏れは直るはずです。ウォシュレットも家電製品なので、普段からのお手入れは大切です。レバーハンドルを上げ下げすることで水が出たり、止まったりするタイプの蛇口です。バルブカートリッジはamazonや楽天市場で買えば、メーカー直売よりも安く購入できます。レバーを戻しても水がチョロチョロ流れて止まらないなら、ボールタップやオーバーフロートに異常があるのかもしれません。アパートや世帯数の少ないマンションなどの場合は、共有スペースの地面にボックスが埋まっていることが多いです。ナットを右回りに回して取り付けます。水洗のネジ山部分に貼ってあるシールテープが劣化している場合、古いシールテープをきれいに外します。仕組みは、ハンドルを回すとスピンドルが上がって、スピンドルについているコマと弁座の間に隙間ができて水が出るというものです。次に新しいパーツを取り付けます。お湯と水の2種類のハンドルがついている蛇口です。ハンドル部分が外れたら、排水管部分に付着しているゴミやサビ、シールテープの残骸を取り除きます。様々な要請緊急で出張します! 健やかな暮らしのお力になれたらと社員一同願っております。ぜひお気軽にお問い合わせください。佐伯市で水回りのトラブルは佐伯市出張の水道屋へお任せください。