大阪府 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

大阪府の水回りのお悩み解決します! アパートや世帯数の少ないマンションなどの場合は、共有スペースの地面にボックスが埋まっていることが多いです。トイレの壁からパイプが伸び止水管につながっています。水回りは湿度が高くなりがちなので気を付けてください。それから融着テープを引っ張りながら貼っていきます。水を止めずに部品を外してしまったら、水がマーライオンのように噴き出します。元栓は水道メーターの近くについています。ハンドルを反時計回りに回すと水が出て、時計回りにすると水が止まります。作業が終わったら、止水栓、または元栓を回して開けましょう。自分で排水管のパッキンを交換したり、排水管を外したりする自信がないなら、融着テープを貼るだけでも効果はあります。パッキング押さえをはめて右方向に回し、最後はウォータープライヤーでしっかり閉めます。蛇口が古ければ、蛇口本体を交換する必要があるでしょう。バルブの間に異物が噛んでいると隙間から水が漏れていきます。水位が高いときには左に回し、水位が低い場合は右に回します。蛇口の外側に型番がかいてあればそれをもとにメーカーのサイトでカートリッジの型番もわかりますが、蛇口にかいてある型番が読み取れない場合は、実際にカートリッジを取り外して確認してください。壁面と蛇口の接合部分から水漏れしている場合、専用の水洗レンチで蛇口本体を取り外します。ハンドルタイプの止水栓のスピンドルを交換する場合は、止水栓を取り外した後、ハンドルの中心部のビスをモンキーレンチで取り外すとハンドル部分が外せます。止水栓を閉めずに排水管などを外してしまったら水が噴き出してしまいます。様々なお困り緊急でご相談ください! 穏やかな生活のサポートができればと社員共々真剣に考えております。迷わずお電話を、お待ちしております。大阪府で水回りのご依頼は大阪府出張の水道屋へお任せください。