東淀川区 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

東淀川区の水回りのお悩みお任せ! 接続部分は2カ所、ウォシュレットの場合は3カ所です。ハンドルを反時計回りに回すと水が出て、時計回りにすると水が止まります。原因はバルブカートリッジの部品の経年劣化、摩耗です。蛇口の付け根部分、壁面の接合部分から水がしみだしてくるなら、蛇口のネジ山のシールテープ部分が劣化しているのかもしれません。三角パッキンとコマパッキンという2種類のパッキンが入っているので、必要ならそれぞれを新しいパッキンと交換します。それでも取れない場合は、ハンドルの下から木づちなどで軽く、均等にたたいてみてください。すべてのパーツを順番に取り付けていけば完了です。蛇口レバーの下からの水漏れ。止水栓、または元栓を閉めたかなんども確認しましょう。止水栓はマイナスドライバーで時計回りに回すと締まり、左に回すと開きます。蛇口の外側に型番がかいてあればそれをもとにメーカーのサイトでカートリッジの型番もわかりますが、蛇口にかいてある型番が読み取れない場合は、実際にカートリッジを取り外して確認してください。壁面と蛇口の接合部分から水漏れしている場合、専用の水洗レンチで蛇口本体を取り外します。一度密着してしまえばビニールテープよりもはるかに強度が高く剥がすことはできません。力を加えすぎて破損しないように気を付けましょう。蛇口のパッキンが劣化している場合は、単水栓の場合、カラービスを外して、ハンドル部分を外します。原因として考えられるのはナットがゆるんでいること、そしてパッキンが劣化、摩耗しているということでしょう。このように、水道の水漏れのほとんどは、部品の経年劣化、摩耗、そしてナットやボルトのゆるみです。水を止めずに部品を外してしまったら、水がマーライオンのように噴き出します。ですが、自分で原因が分からない場合、自分では修理できない場合は、水漏れの被害が拡大しないように水道修理業者に修理を依頼しましょう。扉を開ければ見つかるでしょう。パッキンを交換する際には、必ずタンクの中の水を抜いてからにしてから行ってください。あらゆるお困り迅速に出張します! 安全な生活のサポートができればと社員ひとりひとりがサービスの向上に努めております。いつでもお電話を、お待ちしております。東淀川区で水回りのご依頼は東淀川区出張の水道屋が解決します。