泉南市 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

泉南市の水回りのご依頼ご相談ください! 集合住宅の場合は、隣の家や、他の家と水道の元栓が同じ場所に設置されていることがあるので、間違って他の家の元栓を閉めてしまわないようにくれぐれも注意してください。戸建て住宅の場合は、地面にボックスが埋まっています。これは、便器本体に何らかの原因でヒビが入っている、もしくは便器本体に結露が生じて水滴が床を濡らしている、便器周辺の配管のゆるみなどが原因として考えられます。そして、最近非常に多いのが「ウォシュレット、温水便座の水漏れ」です。隣の家の元栓も同じ場所にある場合がありますから、間違って別のお宅の元栓を閉めないように気を付けてください。毎日家族全員が使うものですから、壊れてしまったら一大事!便器の止水栓から水が漏れる、給水管から水が垂れている、水洗のレバーを戻しても水がチョロチョロ流れて止まらない…。手の届きにくい裏側が汚れているかもしれません。止水栓、または元栓を閉めたかなんども確認しましょう。止水栓はマイナスドライバーで時計回りに回すと締まり、左に回すと開きます。防水性も非常に高いので、水回りの修理に欠かせません。水道の元栓を開け、水漏れしないか確認すれば修了です。新しいシールテープをネジに向かって引っ張りながら巻きなおしてください。シングルレバーで多いのがレバーの下からの水漏れです。パッキング押さえをはめて右方向に回し、最後はウォータープライヤーでしっかり閉めます。止水栓を閉めずに排水管などを外してしまったら水が噴き出してしまいます。止水栓を閉めずに排水管などを外してしまったら水が噴き出してしまいます。隙間が空きすぎるなら、シールテープの量を調整して最初からやり直します。あらゆる要請緊急で駆け付けます! 大切な暮らしのお力になれたらと社員共々労力を惜しみません。いつでもお電話を、お待ちしております。泉南市で水回りのご依頼は泉南市出張の水道屋が対応します。