富士市 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

富士市の水回りのお悩み駆け付けます! レバーを戻しても水がチョロチョロ流れて止まらないなら、ボールタップやオーバーフロートに異常があるのかもしれません。原因として考えられるのはナットがゆるんでいること、そしてパッキンが劣化、摩耗しているということでしょう。このように、水道の水漏れのほとんどは、部品の経年劣化、摩耗、そしてナットやボルトのゆるみです。ホースを外してホームセンターなどに持っていき、同じものを買って交換すればよいだけです。最近はタンクレストイレと言ってフタのないタイプの便器が主流になりつつありますが、貯水タンクにフタがついているタイプの便器の場合は、フタの隙間から水漏れすることがあります。家じゅうの蛇口をすべて閉めた状態にして、水道メーターを見てください。扉を開ければ見つかるでしょう。次に新しいパーツを取り付けます。パッキン(三角パッキン)も新しいものと交換します。水道栓を閉めたら古い蛇口を持って反時計回りに回します。扉を開ければ見つかるでしょう。掃除をし、便器の周りやタンク内を定期的に確認してください。ウォシュレットの場合は、トイレの湿度が高いと内部の基盤が故障したり不具合を起こすことがあります。家庭用の三角パッキンは直径22㎜のものが主流ですが、サイズを事前に調べて間違えないようにしてください。止水栓自体を交換する場合は、止水栓と配管の接続部分のナットをモンキーレンチで取り外します。ボールタップに力がかからないように気を付けてください。樹脂製のチェーンの場合、玉鎖の玉2個分余らせてアームに取り付けてください。バルブカートリッジの交換に必要な専用工具も、amazonや楽天市場で購入できます。あらゆる要請緊急で出動! 大切な人生の助けになれればと従業員共々真剣に考えております。ぜひお気軽にご相談ください。富士市で水回りのお悩みは富士市出張の水道屋へお任せください。