富士宮市 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

富士宮市の水回りのトラブルお任せ! 止水栓の位置は、壁のそば、タンクの給水管についています。三角パッキンとコマパッキンという2種類のパッキンが入っているので、必要ならそれぞれを新しいパッキンと交換します。家庭のキッチンや洗面所に取り付けられている蛇口には大きく分けて4種類あります。単水栓。モンキーレンチでナットを外すと、中にパッキンが入っています。持ち上げるだけでは開けられないタイプのフタは、手洗い金具とじゃばらパイプが接続されています。外れているだけなら、しっかりはめなおせばOKです。反対方向に回すとせっかく貼り付けたシールテープがはがれてしまい、また水漏れします。外したパーツを失くさないように、目の細かいザルやトレーなどを準備しておき、取り外したものはすべてそこに入れるようにするとよいでしょう。水道の水漏れ修理は、工具と正しいパーツさえあれば素人でも難しくありません。もし、タンクの中に水が残った状態で排水管を外すと、タンク内の水がすべて流れてあたりが水浸しになってしまうかもしれません。パッキンに問題がない、または建築あるいはリフォームから10年たっていない場合は、接続部分のナットがゆるんでいるのかもしれません。同じパーツを購入するために、メーカーに問い合わせて品番、型番を聞きましょう。水位調整リング(ペットボトルのフタのような形状で表面がギザギザした部品)がボールタップ(水が出る管)の付け根部分についているなら、水位調整リングを引き上げてロックを解除します。その場合は、モンキーレンチを使ってナットをしめましょう。修理に必要な工具を揃えておきましょう。可能ならば、本体を外してチェックしてみると良いでしょう。特にトイレのトラブルほど困ることはありません。様々なお困り緊急で出動! 穏やかな日々のお力になれたらとスタッフひとりひとりがお客様へ貢献いたします。ぜひお気軽にお問い合わせください。富士宮市で水回りの要請は富士宮市出張の水道屋が対応します。