東区 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

東区の水回りのご依頼ご相談ください! くれぐれも気を付けてください。「便器のフタからの水漏れ」「トイレの水がチョロチョロ流れて止まらない」といった場合は、止水栓を閉めて排水を止めたら、トイレタンクのフタを開けてみましょう。これだけは、絶対に忘れないでください。原因はバルブカートリッジの部品の経年劣化、摩耗です。蛇口の付け根部分、壁面の接合部分から水がしみだしてくるなら、蛇口のネジ山のシールテープ部分が劣化しているのかもしれません。水漏れは、家のトラブルの中でもかなり深刻なものです。くれぐれも気を付けてください。「便器のフタからの水漏れ」「トイレの水がチョロチョロ流れて止まらない」といった場合は、止水栓を閉めて排水を止めたら、トイレタンクのフタを開けてみましょう。また、湿度が高いとパッキンなどにカビが生えて劣化してしまいます。水漏れに気が付いたら放置せずに、早めに対処しましょう。ばね、フレアパッキンは竹串などにはめこんで押し込みます。剥がすときはカッターを使わないと剥がせません。ネオレスト系の便器の場合は、便器下部後方のパネルを手で外すと止水栓が見つかるはずです。ですが、自分で原因が分からない場合、自分では修理できない場合は、水漏れの被害が拡大しないように水道修理業者に修理を依頼しましょう。あまり得意でない方は信頼できるプロに依頼するとよいでしょう。もちろんホームセンターでも購入可能です。家が建ってから、あるいはリフォームしてから10年以上経過しているなら要注意です。よく観察して、パイプ部分を触ってみることです。あらゆるお困り緊急でお任せ! 快適な暮らしのお役に立てればと従業員一丸となって真摯に対応いたします。ぜひお気軽にお電話下さい。東区で水回りのトラブルは東区出張の水道屋が対応します。