北区 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

北区の水回りの要請解決します! ハンドルが抜けたらパッキング抑えに薄い布やタオルをかけて傷つけないようにしながら、ウォータープライヤーで緩めます。チェーンがもつれているだけなら元に直すだけで水漏れは解消します。それでも取れない場合は、ハンドルの下から木づちなどで軽く、均等にたたいてみてください。無理をせず業者やメーカーに修理を頼みましょう。シングルレバーで多いのがレバーの下からの水漏れです。ネオレスト系の便器の場合は、便器下部後方のパネルを手で外すと止水栓が見つかるはずです。水道の元栓も時計回りに回すと締まり、反時計回りに回すと開きます。また蛇口本体が劣化している場合、金属の摩耗により内部のパーツを交換しても水漏れが直らないこともあります。前後左右に軽くゆすりながら引き抜くと取れます。分からない場合は、ホームセンターの店員に聞けば教えてくれるはずです。自分で直せないと思ったら無理は禁物です。蛇口のレバー部分を引き抜き、止めバネ、スペーサー、ストッパーといったパーツ類、マイナスドライバーなどを使い外します。止水栓の接合部分から水漏れしている場合、まずは水道の元栓を閉めて止水栓のナットをモンキーレンチで外し、中のパッキンを取り外します。右に回すと元栓が締まります。シングルレバーは上下左右に自由自在に動かせるという構造的に、いわゆる“遊び”の部分が必要で、その部分から水漏れしやすくなっています。まずは古い歯ブラシや綿棒などを使い細かいパーツを掃除してみましょう。止水管は、水漏れなどのトラブルが起きたときに給水を止めるためのものです。あらゆるトラブル迅速にご相談ください! 大切な日常のお役に立てればとスタッフ一丸となって真剣に考えております。迷わずお電話を、お待ちしております。北区で水回りのご依頼は北区出張の水道屋が解決します。