南区 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

南区の水回りのトラブル解決します! シングルレバー混合栓。「そろそろ10年たつな」と思ったら、水漏れ修理に必要な工具を揃え、どんな修理ができるか調べておきましょう。水道からポタポタ水が垂れていなくても、水道料金が急に増えたら水漏れを疑ってみましょう。蛇口の形状によって違いますが、蛇口の吐水口に網目状のフィルターがついていないか確認してみましょう。ハンドルタイプの場合は通常の蛇口と同じです。新しい蛇口をネジ部分に時計回りに回して取り付けます。曲げた後には浮き玉の棒の根元にあるロックナットというネジのような部分を閉めてください。タンクの中をすべて確認したら、止水栓を開け、水位を確認してからフタを元通りに閉めれば完了です。あるいは、何らかの原因で配管内部がつまっているということも考えられます。止水栓の接合部分から水漏れしている場合は、普段目にしない部分なので分かりにくく、気がついたらシンク下がビショビショになっていたということが少なくありません。しばらくすると融着テープはしっかり密着してはがれなくなります。貯水タンクのフタを開けたら、手洗い管に接続しているホースが外れていないか確認しましょう。融着テープ、マイナスドライバー、モンキーレンチ、ウォーターポンププライヤーを揃えておくとよいでしょう。ちなみに、賃貸住宅の場合、経年劣化による水漏れの場合はオーナーが修理代を負担するのが一般的です。10年以上たっている場合は、パッキンの劣化の可能性が高いでしょう。次にあげる水漏れのケースは「便器本体からの水漏れ」です。ばね、フレアパッキンは竹串などにはめこんで押し込みます。ハンドルが抜けたらパッキング抑えに薄い布やタオルをかけて傷つけないようにしながら、ウォータープライヤーで緩めます。修理に必要なパーツはメーカーや蛇口のタイプごとに異なります。スピンドルを右に回して元どおり取り付けます。あらゆる要請緊急で駆け付けます! 大切な営みの助けになれればとスタッフ共々真剣に考えております。お困りの際はぜひ、お問い合わせください。南区で水回りのトラブルは南区出張の水道屋へお任せください。