江東区 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

江東区の水回りの要請伺います! 蛇口のレバー部分を引き抜き、止めバネ、スペーサー、ストッパーといったパーツ類、マイナスドライバーなどを使い外します。修理に必要な工具を揃えておきましょう。慌てずに水漏れの原因を知ることから始めましょう。まずは、トイレの水漏れの原因をあげてみます。隣の家の元栓も同じ場所にある場合がありますから、間違って別のお宅の元栓を閉めないように気を付けてください。マンションなどの場合は、下の階まで水浸しになってしまうかもしれません。融着テープ、マイナスドライバー、モンキーレンチ、ウォーターポンププライヤーを揃えておくとよいでしょう。ちなみに、賃貸住宅の場合、経年劣化による水漏れの場合はオーナーが修理代を負担するのが一般的です。斜めにならないようにたたくのがコツです。同じタイプのパッキンを買って交換しましょう。蛇口のハンドルやレバーから水がじわじわ漏れてくるケースですが、この場合は吐水口に設置されているフィルターが汚れているのかもしれません。これは、便器本体に何らかの原因でヒビが入っている、もしくは便器本体に結露が生じて水滴が床を濡らしている、便器周辺の配管のゆるみなどが原因として考えられます。そして、最近非常に多いのが「ウォシュレット、温水便座の水漏れ」です。家が建ってから、あるいはリフォームしてから10年以上経過しているなら要注意です。水漏れの原因を突き止めたら、止水栓または水道の元栓をしっかり閉めて、修理に取り掛かりましょう。一つ目の原因「給水管、配水管の接合部分からの水漏れ」の対処法です。このとき、必ず時計回りに取り付けてください。たいていは給水管や配水管の接続部分から水漏れしているはずです。作業が終わったら、蛇口本体を元通り取り付けましょう。ウォシュレットからの水漏れの場合、内部の貯水タンクのヒビや破損、給水パイプや水洗ノズルの破損、これらの接合部分の破損などの原因が考えられます。そして、もう一つあげるのが「便器のフタからの水漏れ」です。様々なお困り迅速になら心配ご無用! 穏やかな日常のサポートができればと社員ひとりひとりが真剣に考えております。ぜひお気軽にお電話下さい。江東区で水回りのトラブルは江東区出張の水道屋が対応します。