国立市 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

国立市の水回りのお悩みお任せ! あるいは、何らかの原因で配管内部がつまっているということも考えられます。止水栓の接合部分から水漏れしている場合は、普段目にしない部分なので分かりにくく、気がついたらシンク下がビショビショになっていたということが少なくありません。蛇口の形状によって違いますが、蛇口の吐水口に網目状のフィルターがついていないか確認してみましょう。一度密着してしまえばビニールテープよりもはるかに強度が高く剥がすことはできません。いざという時に困らないように、自分で対処する簡単な方法を覚えておきましょう。元栓は水道メーターの近くについています。放っておくと高額な水道料金がかかったり、浸水被害も出てくるかもしれません。水を止めずに部品を外してしまったら、水がマーライオンのように噴き出します。もし、タンクの中に水が残った状態で排水管を外すと、タンク内の水がすべて流れてあたりが水浸しになってしまうかもしれません。パッキンに問題がない、または建築あるいはリフォームから10年たっていない場合は、接続部分のナットがゆるんでいるのかもしれません。蛇口のレバー部分を引き抜き、止めバネ、スペーサー、ストッパーといったパーツ類、マイナスドライバーなどを使い外します。もし、タンクの中に水が残った状態で排水管を外すと、タンク内の水がすべて流れてあたりが水浸しになってしまうかもしれません。パッキンに問題がない、または建築あるいはリフォームから10年たっていない場合は、接続部分のナットがゆるんでいるのかもしれません。水道の元栓も時計回りに回すと締まり、反時計回りに回すと開きます。また蛇口本体が劣化している場合、金属の摩耗により内部のパーツを交換しても水漏れが直らないこともあります。ウォシュレットの場合は、ウォシュレット用の止水栓と間違えないようにしましょう。たいていの場合はパッキンの劣化が原因でしょう。あまり得意でない方は信頼できるプロに依頼するとよいでしょう。手の届きにくい裏側が汚れているかもしれません。あらゆるお困り迅速に対応! 穏やかな毎日の架け橋になれたらとスタッフ共々願っております。いつでもお問い合わせください。国立市で水回りのお悩みは国立市出張の水道屋へお任せください。