新宿区 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

新宿区の水回りのトラブル伺います! 止水栓、または元栓を閉めたかなんども確認しましょう。止水栓はマイナスドライバーで時計回りに回すと締まり、左に回すと開きます。水が出るか確認しましょう。水道の水漏れ修理に必要な工具は、モンキーレンチ、ウォータープライヤー、シールテープ、マイナスドライバーなどです。もし、蛇口が開いていないのにメーターが動いていたら水漏れしています。毎日家族全員が使うものですから、壊れてしまったら一大事!便器の止水栓から水が漏れる、給水管から水が垂れている、水洗のレバーを戻しても水がチョロチョロ流れて止まらない…。ピンセット、竹串やキリ、雑巾、古い歯ブラシなどもあると便利でしょう。接続部分に使われているパッキンは10年が寿命なので、古いパッキンを新しいものと交換すれば水漏れは直るはずです。他の部屋の元栓を閉めないように注意しましょう。水位調整リング(ペットボトルのフタのような形状で表面がギザギザした部品)がボールタップ(水が出る管)の付け根部分についているなら、水位調整リングを引き上げてロックを解除します。ノズル、ボタンなど細かい部分の掃除を怠り、汚れがたまって動作が悪くなっているのかもしれません。お風呂場によくあるタイプの蛇口です。バルブカートリッジはamazonや楽天市場で買えば、メーカー直売よりも安く購入できます。防水性も非常に高いので、水回りの修理に欠かせません。お風呂場など壁に止水栓がついているタイプは、壁面と蛇口の足部分の間にあります。水道の元栓は、戸建て住宅なら敷地内の地面にメーターボックスが埋まっているはずです。シングルレバーは上下左右に自由自在に動かせるという構造的に、いわゆる“遊び”の部分が必要で、その部分から水漏れしやすくなっています。最近はタンクレストイレと言ってフタのないタイプの便器が主流になりつつありますが、貯水タンクにフタがついているタイプの便器の場合は、フタの隙間から水漏れすることがあります。様々な要請緊急で出張します! 快適な営みのサポートができればと従業員共々真摯に対応いたします。通話料は無料です。お電話下さい。新宿区で水回りの要請は新宿区出張の水道屋へお任せください。