鳥取市 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

鳥取市の水回りのトラブル伺います! 部品が消耗しているならば交換します。タンク内の部品を交換するには、まず作業しやすいようにタンク内の水をからにします。蛇口や水道配管の耐用年数は約10年です。最近はタンクレストイレと言ってフタのないタイプの便器が主流になりつつありますが、貯水タンクにフタがついているタイプの便器の場合は、フタの隙間から水漏れすることがあります。いざという時に困らないように、自分で対処する簡単な方法を覚えておきましょう。10年以上バルブカートリッジを交換していないなら、ケース②の場合と同様の方法でバルブカートリッジを交換しましょう。持ち上げるだけでは開けられないタイプのフタは、手洗い金具とじゃばらパイプが接続されています。ゴムフロートの裏側を触ってみてサビやゴミなどが付着していないか確認してください。また、湿度が高いとパッキンなどにカビが生えて劣化してしまいます。トイレの壁からパイプが伸び止水管につながっています。そのほかにも、さまざまなタイプの蛇口があるので、どのような修理、部品交換が必要か、メーカーのサイトなどで確認してみましょう。テープどうしが重なるように二重三重に巻いていきます。持ち上げるだけでは開けられないタイプのフタは、手洗い金具とじゃばらパイプが接続されています。パッキンが劣化している場合は目で見ればすぐに分かります。きつく締めすぎないように注意してください。水漏れは、家のトラブルの中でもかなり深刻なものです。様々なご依頼緊急でご相談ください! 大切な営みのサポートができればと従業員一同願っております。ぜひお気軽にお電話下さい。鳥取市で水回りのお悩みは鳥取市出張の水道屋が解決します。