山形県 水回りのお困り 水道屋 出張ならお任せ

山形県の水回りのご依頼出動! これだけは、絶対に忘れないでください。また、あまり自信がないならば無理に取り外さず、水道修理のプロに相談する方が良いでしょう。は止水栓からの水漏れです。スピンドルの突起部分を指で押さえながら左に回します。ハンドルタイプの止水栓のスピンドルを交換する場合は、止水栓を取り外した後、ハンドルの中心部のビスをモンキーレンチで取り外すとハンドル部分が外せます。ボールタップに力がかからないように気を付けてください。蛇口の外側に型番がかいてあればそれをもとにメーカーのサイトでカートリッジの型番もわかりますが、蛇口にかいてある型番が読み取れない場合は、実際にカートリッジを取り外して確認してください。壁面と蛇口の接合部分から水漏れしている場合、専用の水洗レンチで蛇口本体を取り外します。パッキンを交換する際には、必ずタンクの中の水を抜いてからにしてから行ってください。シングルレバーは上下左右に自由自在に動かせるという構造的に、いわゆる“遊び”の部分が必要で、その部分から水漏れしやすくなっています。これだけは、絶対に忘れないでください。集合住宅の場合は、隣の家や、他の家と水道の元栓が同じ場所に設置されていることがあるので、間違って他の家の元栓を閉めてしまわないようにくれぐれも注意してください。パッキン(三角パッキン)も新しいものと交換します。三角パッキンとコマパッキンという2種類のパッキンが入っているので、必要ならそれぞれを新しいパッキンと交換します。水位が高いときには左に回し、水位が低い場合は右に回します。トイレの修理に必要なパッキンやチェーン、ホースなどはすべてホームセンター、またはamazonや楽天市場などのネット通販で購入できます。修理する際には、必ず止水栓または水道の元栓を閉めてから作業しましょう。様々なご依頼迅速に伺います! 穏やかな日常のお役に立てればと社員一丸となってお客様へ貢献いたします。いつでもお電話下さい。山形県で水回りのトラブルは山形県出張の水道屋へお任せください。